最近話題になっている美白オールインワンジェルSimiTRY(シミトリー)で、コスパに優れた化粧品です。これ1本で化粧水や美容液などすべてを補ってくれます。

本当に優秀な化粧品であれば使い続けていきたいところですが、配合されている成分がどのような働きをしているか気になりますよね。

また、乾燥肌・敏感肌にも使用できるとありますが、本当に安全な成分で作られているか心配ですね。

この記事ではシミトリーに配合されている成分を1つ1つ調べてみたので、あなたが調べなくてもどのような成分が入っていてるか、その成分はどんな効果があるかが一目で分かっちゃいます。

シミトリーにはさまざまな成分が配合されていますので、この記事を読んであなたの肌に合うかどうか調参考にしてみてくださいね。

シミトリーに含まれている全成分リスト

シミトリー 成分

シミトリーに含まれている成分の一覧を撮ってみましたが、ちょっと見にくいので、以下に表示します。

【有効成分】アルブチン【その他の成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、ユキノシタエキス、マロニエエキス、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、1,3-ブチレングリコール、トリイソステアリン酸グリセリル、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、カルボキシビニルポリマー、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

一つでも自分に合わない成分があると肌荒れするケースもあるので、細かく成分チェックすることは意外と大切だったりします。

あなたの肌に合うかどうか参考にしてください。

【有効成分】アルブチンは厚生労働省が認めている美白成分

厚生労働省が効果があると認めた成分のみに有効成分と表示できるのですが、アルブチンは優れた美白効果があるとされています。

アルブチンには2種類あり、αアルブチンとβアルブチンがあります(なぜ2種類に分かれるのかは少し難しい話になりますので、ここでは2種類があるんだなぁ程度にとどめときます)。

2種類の特徴はαアルブチンは、美白効果が高く、その美白効果はβアルブチンと比べて10倍も高いと言われています。

一方で、βアルブチンは、αアルブチンと比較すると肌への美白効果の即効性は高くありませんが、肌への刺激性が少ないのが特徴です。

▼効果

  • シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成に必要なチロシナーゼという酵素の働きを抑える作用がある
  • メラニンの除去(アルブチンは肌に吸収された後、成分の一部が分解されてハイドロキノンの作用を得るため)

おすすめの併用アイテム

アルブチンの効果をより一層高めてくれる美白ケアにはポイントがあります。

    • 肌のターンオーバーを正常化してくれるアイテム

古い角質を取り除き、アルブチン配合のスキンケアアイテムでお手入れすることで、透明感のある肌へと導いてくれます。

    • 抗酸化作用の高いビタミンCが配合されているアイテム

ビタミンCには、からだをサビつかせる活性酸素を抑える働きや、ターンオーバーを正常化・促進する働きなどがあるため、美白・美肌全般に効果があるとされています。ビタミンCとアルブチンを併せることで、ダブルでアプローチすることができます。

【その他の成分】も一挙公開!気になる成分をチェック♪

ここからは【その他の成分】に表示された成分を一つ一つご紹介していきます。優秀な成分のほかにも気になる成分がありましたが、包み隠さず分析していきます。

全成分を解説していきますので、自分に合わない成分がないか、またはどんな成分が入っているか調べる手段として役立ててください。

フランスカイガンショウ樹皮エキス

SimiTRY シミトリー フラバンジェノール

別名:フラバンジェノール

松の樹皮から取れるエキスで、ポリフェノールの一種です。

フラバンジェノールにはストレスや生活習慣の乱れによって発生する活性酸素を抗酸化作用によって、発生を抑制する効果があります。

活性酸素が増えることで肌の老化を進行させてしまうことにつながるので、年齢に負けない成分として世界中で注目されています。

▼効果

  • 保湿効果が高まる
  • シミの原因となるメラニンの生成を抑制し、色素沈着を防ぐ
  • ターンオーバーの活性化
  • からだのサビつきを防ぐ、抗酸化作用

ビルベリー葉エキス

シミトリー 成分

ブルーベリーの一種であるビルベリーの葉から抽出されるエキスです。ヨーロッパでは古くから紅茶として飲まれており、今では医薬品としても使用されています。

副作用の報告はほとんどなく安全な成分(ブルーベリー等食品アレルギーは除く)で、ビルベリーの葉はアンチエイジング効果の高い成分として化粧品業界では注目されています。

ビルベリー葉エキスにはお肌のうるおいを与えるコラーゲンやヒアルロン酸を作ったりする働きを持つ線維芽細胞をサポートする働きがあるので、シミシワなどに効果が期待されています。

また、グルタチオンという抗酸化物質を持ち、細胞を酸化ストレスから守ってくれます。この物質はすでにあなたのお肌にも存在しています。

細胞が酸化すると、シミやシワ、くすみといった肌トラブルの原因となります。ビルベリー葉エキスは、グルタチオンを作るサポートもします。

▼効果

  • 保湿効果が高まる
  • シミの原因となるメラニンの生成を抑制し、色素沈着を防ぐ
  • 線維芽細胞の働きをサポートしてシミシワ予防
  • からだのサビつきを防ぐ、抗酸化作用

3-0-エチルスコルビン酸

厚生労働省に認可されている美白有効成分で、水溶性ビタミンC誘導体です。

水に溶けるので肌に浸透しやすい上に持続性も兼ね備えていて、72時間程度お肌に効果をもたらしてくれます。

全成分の表示は、配合量が多い順(1%以下の成分は順不同)に記載されていますので、ビタミンC誘導体ができるだけ前のほうにあるかどうかも重要なポイントです。

配合の量はさすがに分かりませんが、その他の成分の3番目に記載されているので、期待できる効果を発揮してくれるでしょう。

▼効果

  • シミの原因となるメラニンの生成を抑制し、色素沈着を防ぐ
  • ターンオーバーの活性化
  • からだのサビつきを防ぐ、抗酸化作用
ビタミンC誘導体の効果的な使い方

ビタミンC誘導体は「紫外線が多い時期だけ使っている」「シミやシワが気になるところだけにしか付けない」というケースがありますが、効果を生かすなら1年を通してしっかりスキンケアをすることが大切です。

なぜなら、紫外線は紫外線量は異なるかもしれませんが1年中降り注いでいますし、肌の老化は全体的に推移するため、毎日のケアで肌老化を予防することが重要です。

ビタミンC誘導体は乾燥したようなつっぱり感が出る場合がありますので、化粧品の使用後に違和感があったら保湿系化粧品を塗りましょう。

ユキノシタエキス

シミトリー 成分 ユキノシタエキス

生薬名:虎耳草(コジソウ)

ユキノシタ科植物ユキノシタの草から抽出されるエキスです。今のところ副作用の報告はありません。

古くから民間薬として、葉を火にあぶり吹き出物や凍傷などに貼布する治療法が伝わっています。その効果は、抗炎症作用と抗菌作用です。

またユキノシタエキスは有効成分であるアルブチンを多量に含んでいます。

▼効果

  • 紫外線などにより傷ついた皮膚を修復する抗炎症作用
  • 抗菌作用
  • シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成に必要なチロシナーゼという酵素の働きを抑える作用がある

マロニエエキス

SimiTRY シミトリー 成分 マロニエエキス

マロニエエキスは、トチノキ科植物セイヨウトチノキ(マロニエ)の実や葉から抽出して得られるエキスで、セイヨウトチノキエキスとも呼ばれています。

ヨーロッパを中心に風邪薬にも使用されています。今のところ副作用の報告はありません。

マロニエの種子からは血行促進作用や収れん(引き締め)効果があると言われています。

▼効果

  • 血の巡りを良くする働きがあるので肌を活性化させ、ターンオーバーを促す
  • お肌の引き締め効果がある
  • 紫外線などにより傷ついた皮膚を修復する抗炎症作用

テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル

別名:VICP

油溶性ビタミンC誘導体の一種です。保湿性と安全性に優れています。

油溶性のため、身体に浸透されるまでに時間がかかることから遅効性ビタミンC誘導体とも言われています。

▼効果

  • シミの原因となるメラニンの生成を抑制し、色素沈着を防ぐ
  • ターンオーバーの活性化
  • からだのサビつきを防ぐ、抗酸化作用
ビタミンC誘導体の効果的な使い方

ビタミンC誘導体は「紫外線が多い時期だけ使っている」「シミやシワが気になるところだけにしか付けない」というケースがありますが、効果を生かすなら1年を通してしっかりスキンケアをすることが大切です。

なぜなら、紫外線は紫外線量は異なるかもしれませんが1年中降り注いでいますし、肌の老化は全体的に推移するため、毎日のケアで肌老化を予防することが重要です。

ビタミンC誘導体は乾燥したようなつっぱり感が出る場合がありますので、化粧品の使用後に違和感があったら保湿系化粧品を塗りましょう。

シア脂

SimiTRY シミトリー 成分 シア脂

中央アフリカにあるシアーバターノキの木から採取できる実から抽出した油のことをシア脂と言います。

中央アフリカでは生まれたばかりの赤ちゃんから肌を守るため、全身にシア脂を塗ります。その高い保湿力は科学的にも裏付けされています。

今のところ副作用があったという報告はありません。

▼効果

  • 保湿
  • 紫外線などにより傷ついた皮膚を修復する抗炎症作用
  • からだのサビつきを防ぐ、抗酸化作用

カンゾウフラボノイド

SimiTRY シミトリー 成分 カンゾウフラボノイド

別名:リコリス

マメ科植物カンゾウの根からアルコール抽出したエキスで、ポリフェノールの一種です。このエキスは4000年も前から抗炎症作用として利用されています。

紫外線によるシミ・そばかすを防ぐ効果に優れており、その美白効果はビタミンC誘導体とも引けをとらないとされています。

安全性が高いため、副作用の心配はないとされています。

▼効果

  • シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成に必要なチロシナーゼという酵素の働きを抑える作用がある
  • からだのサビつきを防ぐ、抗酸化作用
  • 紫外線などにより傷ついた皮膚を修復する抗炎症作用

N-ステアロイルフィストフィンゴシン

SimiTRY シミトリー 成分 セラミド3

別名:セラミドー3

セラミドは水分の保持機能をもち、乾燥肌や乾燥でできたシワを目立たなくする役割を持っているので肌のうるおいに欠かせません。

セラミドはからだの中にあるものなんですが、加齢や気候の変化などで減ってしまいます。肌と同じ構造をしているセラミドが肌のうるおいを守り、バリア機能を高めてくれます。

からだに元々ある物質のため、副作用はほぼないと考えられています。

▼効果

  • 水分を保持する
  • 肌のバリア機能を高める

オリブ油

SimiTRY シミトリー 成分 オリブ油

オリーブオイルを精製したもので、今のところ副作用の報告はありません(食品アレルギーは除く)。

オリーブオイルに含まれているオレイン酸は人の皮脂の成分と似ていると言われ、スキンケアにおいては肌の乾燥から身を守ってくれます。オイルの膜で皮膚にふたをして、肌の水分の蒸発を防ぎます。

▼効果

  • 肌のバリア機能を高める
  • 日焼け炎症の防止

スクワラン

SimiTRY シミトリー 成分 スクワラン

動物や植物に含まれているスクワレンを水素と組み合わせて作った油です。

スクワレンは人の細胞内でも作られていて、表皮に表皮に分泌され汗や水分と混じり合いスクワランになります。厚生労働省でも安全性が認められています。

スクワランが皮脂膜作り、紫外線や乾燥から肌を守っています。

▼効果

  • 保湿
  • 肌のバリア機能を高める

トリイソステアリン酸グリセリル

インターネット上で検索していますが、なかなか成分の説明が見つかりません。見つかり次第上書きします。

硬化ナタネ油アルコール

別名:水添ナタネ油アルコール

アブラナから採取したナタネ油を還元した高級アルコールです。アルコールと名がついていますが、エタノール(一般的にアルコールと呼ばれる成分)とは別の成分で、肌に刺激を与える心配はありません。

クリームと油分と水分を均一にしてくれたり、油分と水分が分離しないように安定させてくれたりします。

安全性としては高いと考えられています。

1,2-ペンタンジオール

別名:ペンチレングリコール

多価アルコールの一種で、こちらもアルコールと名がついていますが、エタノール(一般的にアルコールと呼ばれる成分)とは別の成分で、さっぱりとした感触が特徴です。

安全性が高く肌に優しいところから、敏感肌やアレルギー症の人にも使用できます。

▼効果

  • 保湿
  • 抗菌性があるので防腐剤代わりとして使用されている

1,3―ブチレングリコール

別名:BG

多価アルコールの一種で、保湿液として大きな効能を発揮してくれる成分です。使用感としてはべたつきにくいのが特徴です。

また、植物からエキスを抽出する際にエキスを溶かす媒体として使用することもあります。

エキス抽出の際にエタノールを使用することがありますが、エタノールですと刺激が強い場合があるので、低刺激の1,3ブチレングリコールが選ばれることが多いようです。

さまざまな植物由来成分を配合しているので、1,3ブチレングリコールで抽出されたのかもしれません。

▼効果

・保湿

精製水

不純物を取り除いた水です。

アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体

別名:アクリル酸アルキル(C-10-30)コポリマー

コポリマーは化学物質なので、ノンケミカルや天然成分にこだわりを感じている方にはマイナスかもしれません。

さまざまな用途に利用されることが多く肌への毒性はありません。保湿系オールインワンジェルによく配合されています。

カルボキシビニルポリマー

別名:カルボマー、合成ポリマー

使い続けると肌の表面にビニールをかぶせた状態となり皮膚呼吸ができなくなってしまう、という話を聞いたことがあるかもしれませんが、お肌への刺激性はほとんどなく、安全性も実証されています。食品にも使用されています。

カルボキシビニルポリマーは、肌に密着するものではなく、軽くお肌に引っかかるイメージです。水で洗い流せば簡単に落ち、肌に残ることはありません。お肌に吸収されることもありません。

アルギン酸ナトリウム

海藻や藻を触るとぬるぬるとした独特の感触を経験したことがあるかもしれません。その正体こそがアルギン酸ナトリウムの影響になります。

この粘り気が保湿成分として化粧品や食品、医療現場にも幅広く活用されていて、安全性の高い成分の1つと考えられています。

化粧品では肌の保湿や弾力改善に効果的だと言われています。

▼効果

  • 保湿
  • 肌のバリア機能を高める

水素添加大豆リン脂質

ちょっと難しい話ですが、大豆から抽出したリン脂質に、水素を組み合わせて安定化させた成分を水素添加大豆リン脂質といいます。

もともとリン脂質は天然の界面活性剤の作用があり、そこに水素を加えたことで合成界面活性剤となります。しかし、毒性は低く安全性が高いことが科学的に明らかになっています。

大豆アレルギーのある方は、事前のパッチテストが必要です。

▼効果

  • 保湿
  • 肌のバリア機能を高める

天然ビタミンE

植物油からとったビタミンEを状態を損なわずに安定させたものです。

天然ビタミンEの役割は、老化の原因となる細胞の酸化を防ぐため、若々しい肌を保ちます。また、血行の流れを良くしてくれる働きがあるため、ターンオーバーの活性化を促してくれます。

▼効果

  • 保湿
  • ターンオーバーの活性化
  • からだのサビつきを防ぐ、抗酸化作用

水酸化ナトリウム

水酸化ナトリウム単体では刺激性の強いものとなりますが、さまざまな成分を組み合わせる際に使用するので、その刺激性は中和されます。

そのため、毒性や刺激性がなく安全性の高い成分だと考えられます。

フェノキシエタノール

エタノールと名前にありますが、似て非なるものです。パラベンより新しい防腐剤の一種になります。

用量を厳守するように言われている成分で、シミトリーは最後に成分名が記載されているので問題ないかと思いますが、個人差があるので注意が必要となります。

ちょっと気になる成分について

「フェノキシエタノール」、「カルボキシビニルポリマー」、「アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体」

これらの成分は、意見が分かれることがあります。

上記の成分は安全性があるとされていますが、万人の肌に合うとは限りません。

「どうしても納得できない!」という方は、ノンケミカル化粧品や完全無添加化粧品を探した方がいいかもしれません。

美肌を目指すスキンケアでストレスを感じてしまうのは無意味だと思います。

ただ、特定のアレルギーをお持ちの方や重度の敏感肌の方は避けた方が無難かもしれません。

実は私自身は敏感肌ではないと思っているのですが、ビタミンC推しの商品を使うと顔が赤くなり、ピリピリした感じになります。

シミトリーは大丈夫なのですが、敏感肌用でも相性があるので、使ってみないと分からないことって結構あります。

シミトリーは、こんな方におすすめ!

シミトリーという商品名なので、メインはシミに対策、美白効果の高いオールインワンジェルではあります。

しかし成分表から見ると、「保湿力」「抗炎症作用」もあります。

「保湿力」肌の保湿力をアップすれば、肌のバリア機能を高めるため、シミだけではなく、シワやたるみなども防いでくれます。

「抗炎症作用」はバリア機能を高めることと、肌荒れに効果があります。

血行促進という効果もありましたので、顔のくすみなど肌の顔色があまり良くない肌にお困りの方にも向いている化粧品といえます。

  • シミ・しわにお困りの方
  • 乾燥で肌のたるみが気になる方
  • 顔色が気になる、くすみがちな肌
  • 肌荒れが気になる方

まとめると、シミトリーは上のようなお肌にお悩みを持つ方に合う化粧品だと思います。

さらに、マッサージを取り入れながらシミトリーを利用することで、より自然な明るい印象の肌を手に入れることができます。

シミトリーは定期便の申し込みが必要にはなっていますが、今だけ特典付でご購入もできます。

また解約はいつでもできますので、この機会に是非試してみてはいかがでしょうか。

【初回限定26%OFF】シミトリーの公式サイトはこちら